推し三昧

指揮者の栗田博文さんを熱量MAXで応援している非公認ファンブログ。栗田さんが紡ぐ音楽の世界を一緒に楽しみませんか?

過去エピソード

過去エピソード

BBFF2018兵庫公演での栗田博文さん

自作した栗田さんのWikipedia(通称:栗wiki)に、まとめて記載しておりましたが、エピソードが増えてきたので『過去エピソード』の記事として掲載しています。



2017年のエピソード

  • 逆転裁判15周年記念オーケストラコンサートにて、グッズのクラッチバッグを持って登場後、バッグからグッズのボールペンを取り出し指揮。
  • BRA★BRA2017はアンコール曲を栗田さんがサイコロを振って決めていたのだが、『ビッグブリッジの死闘』ばかり出してしまい責任を感じて『ビッグブリッジの死闘』が出ないようにサイコロの振り方を練習していたエピソードがある。その時の様子が激写され、ツイートされている。
  • BRA★BRA2017愛知公演の『モーグリのテーマ』にて、モーグリおっちゃん(シエナの東さん)とモーグリおじさん(シエナの荻原さん)がジリジリと栗田さんに近づき、おっちゃんとおじさんが栗田さんの両サイドに立った後(「逃げ出さないようにブロックした後」と言った方が正しいかもしれない)、おっちゃんとおじさんが栗田さんの両頬にチュウ💋をする事件?が発生。栗田さんは仕事道具であるタクトをすっ飛ばして、おっちゃんとおじさんの背に腕を回してモーグリズの予想外の動きも受け止める。なお、事件後、頬をガシガシ拭いていたのでガチのチュウ💋だっと思われる。
    アンコールでトランペット演奏を披露した為、タクト無の指揮であった。その時の様子はコチラの写真記事で確認できる。
  • 初音ミクシンフォニー2017にて、東京公演・大阪公演ともにグッズのオリジナル特大ピンバッジ【初音ミク】をブローチの代わりとして前半後半ともに身につける。ペンライトを使って指揮する場面もあった。



2018年のエピソード

  • 逆転裁判オーケストラコンサート2018にて、スタッフさんに100均で日の丸扇子を買ってきてもらい、アンコールで日の丸扇子を使い指揮。
  • BRA★BRA2018愛知公演にて、ルーファウス歓迎式典のホイッスル係をシエナの荻原さんから奪い、あたかも最初から自分がホイッスル係と言わんばかりのパフォーマンスを見せる。2017年のチュウ💋事件の逆襲?だったかどうかは不明であるが、あえて愛知公演を選び、奪ったのは、やはり......。
  • BRA★BRA2018神奈川公演にて、開催日当日サッカーのことが話題に上がった為、アンコールの時にスライディング入場する。何が起こるか分からない、それがBRA★BRAである。ちなみに、栗田さんはサッカー好きである。
  • BRA★BRA2018広島公演にて、FFのコンサートにも関わらずヨーダ師匠の被り物を被り、おいしい所を全て持っていった。なお、制作総指揮者であるノビヨ師匠は、そのパフォーマンスを事前に聞かされていなかった模様。その時に様子はコチラの写真記事で確認できる。
  • 9月16日に放映された『関ジャム完全燃SHOW-音楽食わず嫌い解消!オーケストラの面白さ・楽しみ方-』にて、東京フィルハーモニー交響楽団の指揮者として出演する。その際に「心臓が張り裂けそう...」という名言を残す。ファンは気持ちが高まった時などに、この名言を使う時がある。
  • 9月22日に放映された『夢の数だけ抱きしめて』にて、東京フィルハーモニー交響楽団の指揮者として出演する。放映された曜日と時間が土曜日の13:30~14:25だった為、見逃してしまったファンが多数いた。
    管理人もそのうちの1人で号泣したのは言うまでもない。
  • 初音ミクシンフォニー2018-2019東京公演にて、グッズの03ピンバッジ [ 巡音ルカ ] をブローチの代わりとして前半後半ともに身につける。後半はペンライトを手に持って登場し、来場者の笑いを誘い、来場者の心もガッチリ掴む。後半の1曲目のみペンライトを使用して指揮をした。
  • 11月29日(NHK総合|ダイジェスト版)、12月9日(NHK-BS8K)にて、『8Kスーパーライブ コブクロ オーケストラナイト』が放映される。オタク界隈(Twitterにいるオタク達)は栗田さんの指揮で盛り上がる。安定の反応であった。



2019年のエピソード

2019年1~3月のエピソード
  • 『芸能人格付けチェック!2019お正月スペシャル』に東京フィルハーモニー交響楽団の指揮者として出演する。指揮をしている映像が放映された為、オタク界隈では動きで栗田さんと分かった人、栗田さんだと察した人がおり、Twitterで「動きで分かったw」「あの動きは栗田さん...?」等とツイートされる。
    管理人も拝見しましたが、見た瞬間に「あの動きは直ぐにバレるってw」と言ってしまったのは、ここだけの話。
  • 初音ミクシンフォニー2018-2019大阪公演にて、グッズの03ピンバッジ [ 巡音ルカ ] をブローチの代わりとして前半後半ともに身につける。後半はタクトを手に持って登場するも、指揮する直前に上着に忍ばせていたペンライトに持ち替えるという荒技で来場者の笑いを誘い、来場者の心もガッチリ掴む。後半の1曲目のみペンライトを使用して指揮をした。
    アンコールを含めた全ての曲が終わり、退場する際に投げチュウ💋を飛ばす。初音ミクシンフォニーファンの心 " も " 射抜く💘。来場者を盛り上げる為なら何でもするBRA★BRAであっても、投げチュウ💋を飛ばさない栗田さん。よって、投げチュウ💋を頂けるのは現時点では初音ミクシンフォニーだけと言えるだろう。
  • 2月1日に放映された『Mステ3時間SP』に東京フィルハーモニー交響楽団の指揮者として出演する。今回もオタク界隈では後ろ姿で栗田さんと察した方が多数おり、Twitterで「栗田さん...では?」等のツイートが多く見られた。『溢れる栗田さんのオーラは隠せない』という事が証明されたのではないだろうか?
  • 2月16日に開催された『Salyu with 小林武史 premium symphonic concert 2019 -Valentine's Special-』にて、Salyuさんのファンに「指揮者に魅入ったのは初めて」「愛ある指揮」「指揮に圧倒された」「栗田さんの指揮によって、いい意味が曲が別物になった」「また見たい」等のツイートで評される。
    余談になるが、応援している身として、これほど嬉しいことはなかった(感涙)
  • 2月20日に発売された『BRA★BRA FINAL FANTASY VII BRASS de BRAVO with Siena Wind Orchestra【コンサートBlu-ray】』の『完全なるジェノヴァ』に指揮台に踏み込んだ時に発する音が偶然収録される。その音が聞けるのは、栗田さんが踏み込む場面が映っている箇所(01:31:55~01:31:56)。シエナさんの奏でる音の中に踏み込んだ時に発せられる『カッ』という音が聞こえる。偶然とはいえ、コンサートBlu-rayだからこそ聞ける音である。
  • 3月20日の『みんな de みよう! BRA★BRA FINAL FANTASY 2019』(動画はコチラから)の放送で栗田さんのドット絵制作秘話が58:50頃から語られる。
    栗田さんが一番難しく、渋谷さんはGoogleで画像検索を一生懸命行ったとの事。ヘアスタイルのライン、髪の毛の白と黒のコントラストの具合、前髪の立ち上がり具合などを入念に検証。栗田さんの衣装についても、よく観察して制作した事が分かる内容であった。細やか部分も拘りを持って制作する...渋谷さんが持っている『匠の魂』を垣間見ることができる。
    【補足】
    補足1:各地のラーメン屋リストは栗田さんからLINEで送られてくる(ノビヨ師匠談)。
    補足2:みんなで選ぶ提案はシエナさんで、それをOKした栗田さん。その為、まみさんに「ヤバめ」と言われる。2018年までのリハは2日だったが、2019年のリハは3日との事(ノビヨ師匠談)。
    補足3:BBFF2019グッズのクリアファイルの別名称は『栗田ファイル』である(命名:ノビヨ師匠)。
  • 3月30日に開催された『逆転裁判オーケストラコンサート2019』にて、昼公演はポケットチーフ姿、夜公演は薔薇ブローチ姿を披露する。
    昼と夜とで上着を変える...前例がない出来事が起きた。今回だけなのか、他のコンサートでも変えるのか...昼と夜の公演があるコンサートは注目すべきポイントが増えたと言える。
    昼公演のアンコール(トノサマン)では去年と同様に日の丸扇子で指揮。夜公演は日の丸扇子だけではなかった。グッズのオリジナルサコッシュを手に持って現れたかと思いきや、サコッシュから殿様の被り物を取り出して被り、殿になりきった後、日の丸扇子で指揮をする。夜公演は来場者への煽りも激しく、指揮終了後は日の丸扇子を扇ぎ殿様オーラを全開。竹本さんは殿様の被り物について触れていいのか戸惑っていた。退場する直前、日の丸扇子で扇ぎ、再び殿様オーラを振りまいていた。「さすが✨」としか言えないパフォーマンスであった。
    2018年のBRA★BRA広島公演でヨーダ師匠の被り物を被った姿(写真を見たい方はコチラから)を見ていたファン達は『1人だけノリがシエナさん』と思ってしまった事、この記事に記録しておこう。
2019年4月からのエピソード

掲載できるエピソードがあれば随時更新します。



関連記事

www.kurita-fan.com

www.kurita-fan.com

www.kurita-fan.com

www.kurita-fan.com




▲ ブログのトップページに戻る