推し三昧

指揮者の栗田博文さんを熱量MAXで応援している非公認ファンブログ。栗田さんが紡ぐ音楽の世界を一緒に楽しみませんか?

【感想】テイルズ オブ オーケストラコンサート 2018

テイルズ オブ オーケストラコンサート 2018 の感想

この記事を読む前に下記の注意点をご確認ください。

  • テイルズのファン視点での感想ではありません。
  • 栗田博文さんのファン視点での感想になります。
  • テイオケ初参加視点での感想でもあります。
  • 総文字数:約6,500文字。
  • 誤字脱字はありません...とは言い切れません😅
  • 写真の枚数が多いので、Wi-Fi接続からの閲覧を推奨しております。

上記を踏まえた上で『読んでみようか!』と思ったチャレンジャーな方は、このままお進みください。

栗田さんが指揮をしていると以前から知っていましたが、公演曜日がいつも平日で参加を断念していました。しかし、今年は遂に休日に開催ということでチケット争奪戦に名乗りを上げ、S席を確保できました。確保できた瞬間「よっしゃぁああああ!!」と、心の中で叫びながら思わずガッツポーズをしちゃいましたww
チケットを無事に確保できてドキドキしながら開催日が来るのを待っていると、台風25号が別の意味でドキドキさせてくれる事態に!『台風が直撃したら在来線と新幹線がヤバい...止まったら行けない..._(:3 」∠)_ 』と焦っておりましたが、台風は逸れて夏を思い出させる程の良い天気!暑かった(>_<) 久々に痛い日差しだったので日焼け止めを忘れた方は辛かったと思います。
パシフィコ横浜は初めて行く会場でした。乗り換え駅で多少アタフタしてしまいましたが、それほど迷わずに行けて良かった(´▽`)ホッ
台風が逸れて、ふと思い出した出来事がありました。狩猟音楽祭2016大阪公演の時も台風が接近していて直撃すれば開催中止になっていたかもしれない状況でした。にも関わらず、予報よりも台風の速度が上がらず開催日の直撃は免れました。これって、もしかして、推しの御加護でしょうか?(笑)きっと、そうに違いないと思っております✨

会場到着後、パンフ購入の為だけに物販待機列に並ぶと...出入口付近に『プレゼント受付BOX』が設置されているではありませんか!
テイオケに設置されていたプレゼント受付BOX
運営陣の準備の良さに関心致しました。さすがです!
ただ、公式サイトの『Q&A』にプレゼント受付BOXを準備すると記載されていなかった(よね?)のが残念!公式サイトに『出演者へプレゼントを贈りたい方は、プレゼント受付BOXに品物を届けてください。』みたいな記載があった方が贈りやすくなるのではないでしょうか?
プレゼント受付BOXが準備されている光景を見た自分は『他のオケコンでもプレゼントの有無に関わらずプレゼント受付BOXを準備しておいて欲しいな』と思いました。無いと会場のスタッフさんを捕まえてお願いしないといけないので。ちなみに、今回は栗田さんへのファンレターは送っておりません。2018年9月24日に開催された Daiwa House presents billboard classics festival 2018 in Tokyo で託してきましたので(´▽`)

パンフ購入後、真っ先に確認したのは推し(栗田さん)の写真。公式サイトに掲載されている写真なのか、飯能市で開催される第九のフライヤー(チラシ)に使われた写真なのか、めっちゃ気になっていたので即確認!
結果は...
テイオケのパンフの栗田さんの写真
公式サイトに掲載されていた写真でした。お若い頃の写真もステキですが、やはり今の方が断然ステキ(✽´ཫ`✽) 貫禄がハンパありませんね..._:(´ཀ`」 ∠):_💕

パンフ購入のミッションが終了後は記念にキャラ達のボードを撮影。
テイオケのキャラボード
光の反射でキャラボードに自分が写り込まないように撮ろうと思ったら、この角度しかなかった。

そして、いつものようにオケトラ(楽団の楽器を運んでいるトラック)を探してフラり。
東フィルのオケトラ
停まっていたのでパシャリ。良い感じに撮影できたと思う。カメラのお陰✨
オケトラのデザインも楽団の個性が溢れていて見るだけで楽しいので探しては撮っています。笑

前置きはこれぐらいにして栗田さんのファンなら公演の度に確認していると思われる諸々などについて書いていきますね!

胸元を華やかにしているブローチについて

  • 前半:青の薔薇ブローチ
  • 後半:赤の薔薇ブローチ

双眼鏡を使って確認したので間違いないと思いますが、前半の色、もしかしたら白だったかも?光の反射で見にくかったので、ちょっと自信がありません(>_<) 後半は間違いありません。紅(くれない)の薔薇が栗田さんの胸元を華やかにしておりましたよ(*´▽`*)♡
写真以外でポケットチーフを身につけた姿は一体どのタイミングで見れるんだろうか...。オケコンに通っていたら、いつか、また自分の目で見れると思うので、その時が訪れたらTwitterで速報的な意味合いで「今回の公演はポケットチーフでしたぁああああ!!」と叫び、続いてブログでも叫ぶでしょう(笑)...ヤバい...また変態度がアップする未来しか見えないwww

栗田さんの儀式について

儀式とは、舞台袖でタクトのコルク部分を使って『コン、コン、コン』と鳴らすことを指しています。自分の席は、2階C-9列45番だったので『2階席だから、さすがに今回は聞こえないだろうな』って思っていました。しかし、ダメ元で耳を澄ませていると、何と...聞こえました♪諦めていたのに聞こえた...テンションが急上昇しないワケがありません!(分かりやすいヤツですねw)
栗田さんが登場した後は自動的に栗田さんにロックオン!これも当方の仕様と言うか、栗田さん好きなら標準仕様...だと思っております。推しが登場すれば自然と視線を固定してしまうのは自然の摂理。
今回の公演で『そんな儀式をしてるんだ?』と思った方は、別の公演で栗田さんの指揮を見る機会がありましたら耳をすませて確認してみてください。前の席なら大概は聞こえるはずです♪

指揮台について

高さを出す為にメインの台に薄い台も足してあった...と思われます。メインの台と薄い台の繋ぎ目が辛うじて見えましたので。テイオケに参加する前に聴きに行った公演(billboard classics festival 2018 in 東京 )同様、高さがあると全身の動きが見やすくなるので助かります(*´▽`*)♡ ですが、指揮台にバーは設置されておりませんでした。『指揮台のバーって何ぞ?』と思った方は下記の写真を参照。
BBFF2018広島公演での写真
BRA★BRA FINAL FANTASY の公演では、どの会場でも設置されておりました。
ゲーム音楽の戦闘曲やボス曲は基本的に激しい動きで指揮をされることが多いので、『バー無で大丈夫なんだろうか?』と思ってしまうのがファン心理。栗田無双(意味:飛んだり踏み込んだりする激しい指揮をするさま)が炸裂することが多いゲーム音楽...公演によって設置されていたり設置されていなかったり。
指揮台を設置した時、下記の写真のような状態なら転倒防止の為に設置されたのだろうと推測できます。
BBFF2大阪公演の様子
ですが、が、今回の公演はそんなことはありませんでした。栗田さんが指揮するオケコンにはジャンルを問わず参加していますが、分からないバーの設置基準www 何かの機会(公演)で栗田先生に質問できるコーナーがあったら真っ先に質問したいですね。

諸々について書ききったので、次はセットリスト等を紹介。

テイルズ オブ オーケストラコンサート 2018
開催日:2018年10月6日(土)
指揮:栗田博文
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
会場:パシフィコ横浜 国立大ホール
開演時間:14時
終演時間:16時15分頃(だったはず)

[ 前半 ]
1.夢は終わらない ~こぼれ落ちる時の雫~
2.progress
3.永遠の明日
4.ボスバトルメドレー
 ・Beat the angel
 ・Final destination
 ・Person who conceives frenzy
 ・The wilderness of sadness
5. 戦闘曲メドレー
 ・DONA NOBIS PACEM
 ・Encounter
 ・突き進め、その刃尽きるまで
 ・Beginning of a battle
 ・翼を広げて未来を開け

[ 後半 ]
6.ソフィ
7.譜歌~song by Tear~
8.テイルズ オブ ヴェスペリア マップメドレー
 ・青年の気ままな日常
 ・華の調べ
 ・鏡に映る夢魔
 ・はなやぐ命、育む光
 ・天を貫く滅びの微
9.火花散らして
10.満月と明星と~鐘を鳴らして~
11.テイルズ オブ ヴェスペリア バトルメドレー
 ・戦いの火蓋
 ・闘志もっと燃やして
 ・不撓不屈
 ・頂を目指せ
 ・完全無欠の勝利!

[ アンコール ]
1.flying
2.夢であるように
3.鳥は鳴き、僕は歌う

セットリスト等の紹介が済みましたので、テイオケ2018 で思った事、感じた事を書いていきますね!

栗田さんについて

栗田さんの指揮についての感想を簡単に申し上げますと「ヤバい...仰げば尊死..._:(´ཀ`」 ∠):_💕」でしたw BRA★BRA仲間には「安定の尊死w」「いつものことかw」と思われていますw 仕方ありません、参加する度に魅了されてしまうので(*´ω`*)♡
前半の指揮を見て真っ先に思ったことは『BRA★BRAや狩猟音楽祭とは違う、重厚な雰囲気がある』でした。指揮をする音楽が違えば雰囲気も変わって当然ですが、いつも以上に気高く威厳がある中での栗田無双(意味:飛んだり踏み込んだりする激しい指揮をするさま)は、激しくも...尊い...そして、自分は安定の TO・U・TO・SHI(尊死)〜(  ε:)0 ww
そんな雰囲気を感じたテイオケの指揮でしたが、『火花散らして』は別格でした。栗田さんが指揮をし始めたと同時に楽団が演奏するのではなく、楽団が栗田さんが覚醒した瞬間を見届けてから演奏する流れ(BRA★BRAで言うと『片翼の天使』で見せてくれるアノ流れ)は圧巻。指揮台に踏み込む音、2階席まで聞こえたぐらいですから。2階の前方の席だったので聞こえただけかもしれませんが、これは予想外の展開!前半の『ボスバトルメドレー』は後半になるにつれて栗田さんのボルテージが上がっていく様子、見ている側は血湧き肉躍りましたよ。『 戦闘曲メドレー』も攻めの指揮で一瞬たりとも目が離せない戦闘シーンを見ているようでしたよ。後半の『テイルズ オブ ヴェスペリア バトルメドレー』でも指揮台に踏み込む音が聞こえて終始キレッキレの指揮で見ている側も熱くなりましたよ。でもね、個人的に『火花散らして』が断トツで神がかっていた。栗田さんの初動を見た瞬間『覚醒した...』と思って、その後は「凄い...( ゚д゚)」「ヤバい...( ゚д゚)」としか言えなくて(思えなくて)、ただただ圧倒されている自分がいました。きっと栗田さんと曲とのシンクロ率は400%を超えていたと言えるでしょう!
他の曲に関しては『天を貫く滅びの微』のラストではタクトを前に突き出して終わったのが印象的で、どの曲かは忘れてしまいましたが腕をクロスさせたのと同時に演奏が終わった瞬間の後ろ姿もステキでした。『満月と明星と~鐘を鳴らして~』に関してはタクトを使用せず左手(左腕)のみで指揮をした姿は美しくも切なさがあって自然と胸と目頭が熱くなっていました...今回初めて聴いた曲なのにね。魂が反応したとしか思えない。
アンコールでは、いつもの動き(アンコール曲を披露する為に登場したかと思いきや、袖口に引っ込み、また登場する可愛い動き)をしてからの小走りで指揮台に向かいピョンと乗る姿も可愛かった..._:(´ཀ`」 ∠):_💕 今回の拍手の大きさは栗田さんが満足できる大きさだったようで手をクイクイ動かす『拍手ちょーだい!』の動きはありませんでした(笑)補足になりますが、アンコールの2曲目が終わった後も引っ込み再登場したのですが、その時は『もう1曲、付き合ってくれてよ?✨』みたいな表情をしておりました。この時のキメ表情は栗田さんファンのハートを完全に射抜いたかと。自分はハートのど真ん中を射抜かれましたwww
アンコールで披露してくれた『flying』の前半、指揮中に左手を『GJ!(^-^)b 』の形にして笑顔で何度か頷く仕草をしていたのを見逃しませんでしたよ( ̄▽ ̄)✨ この仕草は前に他のオケコンでも見た記憶があるんですよね。リハーサルの時は上手くいかなかったけど本番では上手くいったから送った合図...とか?自分の憶測なので断言はできませんが、恐らくそうだと思っています。GJをした後、チラッと見えた横顔は笑顔でしたから。なので、自分の目にはとっても楽しそうに指揮をしているように見えました(*´▽`*)
テイルズのファンの皆様は、どの曲がアンコールで披露されるか気になっていたと思います。ですが、自分は別の事が気になっていました。それは、栗田さんがグッズのペンライトを使用して指揮をするかどうか。別の公演でグッズ等を使って指揮をした過去があるからです。何の公演か気になる人もいると思うので、それらの公演を書いてみましょう。

  • 逆転裁判15周年記念オーケストラコンサート:グッズのクラッチバッグを持って登場後、クラッチバッグからグッズのボールペンを取り出し指揮。
  • 逆転裁判オーケストラコンサート2018:スタッフさんに100均で日の丸扇子を買ってきてもらい指揮。
  • 初音ミクシンフォニー2017:グッズのペンライトを使って指揮。

これらの公演を全て見てきた自分にとっては気にならずにはいられませんでした(笑)
気になる結果は...3曲とも使いませんでした。
アンコールの曲がペンライトを使って指揮をする曲向きではなかったから...だと、個人的に思っているのですが、真相は分かりません。来年もテイオケが開催され、ノリが良い(来場者が手拍子で参加できる)曲がアンコールで披露され、更にペンライトが販売されれば可能性は十分にあると思います。来年も開催されるなら、そこにも注目してみてください(´▽`)

自分はテイルズの音楽を全く知りませんでしたが、栗田さんのお陰でテイルズの音楽を知る事ができました。新しい音楽と出会わせてくれた栗田さんには感謝しかありません。
栗田さんの指揮は音楽が伝えようとしている『想い』を『指揮』という目に見える形にして伝えてくれると自分は常々感じています。なので、知らない音楽であっても『どんな風に伝えてくれるんだろう?』と思えるので、知らない作品のオケコンでも聴きに行き、その結果は作品を知らなくても音楽に魅了されています(*´▽`*)
好きな作品の音楽だから聴きに来た人からしてみれば異端かもしれませんが、こんな流れで音楽を知る人間がいる事もいるのです。

偏りが激しい当方のオケ感想は以上となります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

読み切った方の中で、この記事に対する感想などがありましたらブログのコメントに残していただけないでしょうか?
ブログのコメントはTwitterと違い、埋もれることがありません。読み返す際の手間が大幅に省けますので、ご配慮いただきたく存じます。何卒よろしくお願い致します。

テイオケ2018のレポが読めるサイトのまとめ

口直しをしたい方はプロのライターさんが書いた冷静で客観的な記事をお読みください。

●4GamerNewsさんのレポ

www.4gamer.net

●電撃オンラインさんのレポ

dengekionline.com

●ファミ通.comさんのレポ

www.famitsu.com

●Gamerさんのレポ

www.gamer.ne.jp

●Japanmateさんのレポ

japanmate.jp

余談

オケコン終了後にBRA★BRAで知り合った零式さんと栗田さんが好きという事で繋がった憂さんと『しゃぶり庵 新横浜店』で肉会をしてきました(*´▽`*)♪ お肉、ビール、ワイン、とっても美味しかったです(≧▽≦)♪ 魅惑のお肉達とチーズポテトの写真をアップしておきます。

『しゃぶり庵 新横浜店』での肉料理(その1)

『しゃぶり庵 新横浜店』での肉料理(その2)

『しゃぶり庵 新横浜店』での肉料理(その3)

『しゃぶり庵 新横浜店』での肉料理(その4)

『しゃぶり庵 新横浜店』でのチーズポテト

また横浜に遠征に来た際は、このお店で肉会をする予定です(*´ω`*)♡


▲ブログのトップページに戻る