推し三昧

指揮者の栗田博文さんを熱量MAXで応援している非公認ファンブログ。栗田さんが紡ぐ音楽の世界を一緒に楽しみませんか?

【感想レポ】初音ミクシンフォニー2018-2019東京公演

初音ミクシンフォニー2018-2019東京公演の感想レポ

この記事を読む前に下記の注意点をご確認ください。

  • ボカロ音楽大好きガチ勢視点での感想レポではありません。
  • 栗田博文さんのファン視点での感想レポになります。
  • 大阪公演を何も知らない状態で楽しみたい方は読まない選択を。
  • 総文字数:約8,500文字。
  • 誤字脱字はありません...とは言い切れません😅
  • 写真も掲載しているので、データ量にご注意ください。

上記を踏まえた上で『読んでみようか!』と思ったチャレンジャーな方は、このままお進みください。

今年も栗田さんが指揮ということでチケット争奪戦に参加し、無事にチケットを確保できたので参加して参りました(≧▽≦)

初音ミクシンフォニー2018-2019のボード

ここから管理人が思ったこと・感じたことをつらつらと書いていきますので、少しばかりの時間お付き合いくださいませ。

推し達の宣伝係(自称)としてすること

それは、BRA★BRA FINAL FANTASYで撮影OKの時に撮影した写真(SNS等へのアップもOK)を使って魅力を伝えるこ。今回は次のようなツイートを公演が始まる前にしてみました。

RT数と♥数が最終的にTwitter人生において一度も見たことがない数字に驚きました。が、数字より驚いたのは『同感』や『共感』と思っている方からリプをいただいたり、RT後にRTした方が御自身の栗田さんへの想いを語っていた一連の流れを目撃できたこと。初音ミクシンフォニーに参加される方は栗田さんも見ている方も多いようで、推しを応援している身として、これほど嬉しいことはありません!。゚゚(*´ω`*。)°゚。←感涙中

物販について

Twitterで物販の様子を見ていると「待機列が動かない」「寒い」「スタッフさんの対応はいいけどバーコードの読み取り機の調子が悪くて進まない」等のツイートを見かけました。そこで思ったのです。事前にグッズ購入を手続きを済ませグッズは会場で引き渡せば長時間待たなくても済むのではないでしょうか?諸事情で参加できなかった方への対応は輸送費をプラスすることで希望する場所に送ることも可能にすればグッズだけは入手できるのではないでしょうか?会場での物販は追加購入したい人の為に行ったら良いのではないでしょうか?
幸いにも自分が物販列に並んだ時はそれほど待たされずに済んだので助かりましたが、持病持ちの人にとって長時間の待機は拷問に値する苦痛となる可能性があります。それを解消する為にも、来場者の貴重な時間を奪わない為にも、改善する余地はあると思います。
直ぐに物販が済んで本当に助かりました。自分、腰痛持ちなので長時間立っていることが辛くて仕方ないんですよ(>_<。 )

パンフの栗田さんの写真について

栗田さん好きならセットリストよりも真っ先に確認すると思われる写真は...待って!待ってぇええええ!!(同行者がいたら「まずは君が落ち着け」と言われる状況ですね、確実にw)

狩猟音楽祭のパンフに掲載されていた貫禄ある写真↓ではなく、栗田博文さんの写真
事務所のサイトに使われているニヤッと笑っている写真↓でもない...
事務所のサイトに掲載されている栗田さんの写真
3パターン目の写真↓ではありませんか!!_:(´ཀ`」 ∠):💕初音ミクシンフォニー2018-2019のパンフに掲載されている栗田さんの写真
今年、栗田さんはフライヤー(チラシ)や公演の公式サイトで使うプロフ写真をリニューアルしたんですね。2パターン目までの存在は知っていたのですが、ここにきて、まさかの3パターン目があるとは...写真を見ただけで安定の MO・E・SHI(萌死)〜(  ε:)0
今回は何パターンあるんですか?「全パターンの写真、事務所のページに載せて欲しいんですけどぉおおおおおおお!!!」と、パシフィコ横浜の中心?で(心の中で)叫んでおりました...重症ですねw ん?いつものことだって?否定しません!

栗田さんの儀式について

栗田さんの儀式とは舞台袖で『コン、コン、コン』と音を鳴らす動作を指しています。(BRA★BRA FINAL FANTASY2015のツアーメイキング動画にその様子が映っているので気になった方は見てみてください。)
当方が確保できた席は2階席の最前列だったので『2階席だから聞こえないかもしれない、でも同じ会場で開催したテイルズオケは2階席でも聞こえたからワンチャン聞こえる可能性はあるよね?』と思いながら耳を澄ませているとバッチリ聞こえました!栗田さんのファンは儀式の音を聞くと一気にテンションが上がりますw 来年も初音ミクシンフォニーが開催されるなら是非この音も気に留めてくれると嬉しいです。会場の建物の構造にもよりますが、大概は聞こえます(^-^)♪

胸元を華やかにしているブローチについて

今年は前半後半ともにグッズの0104ピンバッジ[重音テト]でした。
初音ミクシンフォニーの0104ピンバッジ[重音テト]
栗田さんがブローチとして使ったピンバッジは買わないといけないという使命感により気が付いたら購入しておりました。分かりやすい奴ですw

他のオケコンだと愛用している薔薇ブローチで胸元を華やかにしているんですね。

bra★braで指揮をする指揮者の栗田博文
胸元に注目。上記の写真は青ですが、白や赤などの別の色もあります。運が良ければ今となってはレアとなったポケットチーフ姿も拝めます。

初音ミクシンフォニーの時はグッズのピンバッジを身に付ける栗田さん。分かっていらっしゃる!どんな経緯でピンバッジを身に付けることになったのか知りたいです。知りたくないですか?
ピンバッジのこと以外にもボカロ音楽についてどう思っているか、栗田さんの考えが知りたいです。なので、そろそろ栗田さんにインタビューしてBlu-rayの特典映像に加えていただけませんか?特典映像としての収録が難しいのであればパンフにインタビュー記事として載せていただけませんか?公式様!!...ここに思いの丈を書いても公式様に伝わる可能性はゼロに近いのでアンケートに書きますね。

指揮台について

パシフィコ横浜 国立大ホールの指揮台は高さを出す為にメインの台に薄い台も足してあるのがデフォルトのようですね。テイルズオケも同じでしたから。もしくは、所有者がパシフィコ横浜ではなく、東京フィルハーモニー交響楽団なら東京フィルハーモニー交響楽団仕様の指揮台なのかもしれません。指揮台に設置されているバーはテイルズオケ同様ありませんでした。
『指揮台のバーって何?』と思った方は下記の写真を参照。
BBFF2018広島公演での写真
初音ミクシンフォニーの公演は設置されていませんでしたが、公演によってはバーが設置されています。
無い方が見やすくて有り難いのですが、勢い余って栗田さんが落ちないか心配になってしまう...栗田さんファンあるあるです。

では、セットリスト等の詳細を管理人の覚書を兼ねて書いておきます。

初音ミクシンフォニー2018-2019東京公演
開催日:2018年11月24日(土)
指揮:栗田博文
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
会場:パシフィコ横浜 国立大ホール
開演時間:18時
終了時間:20時20分頃(だったはず)

  • 39(sasakure.UK×DECO*27)
  • 初音ミクの消失~初音ミク激唱(cosMo@暴走P)
  • 巡音ルカ10周年メドレー
    Just Be Friends(Dixie Flatline)~ダブルラリアット(アゴアニキ)~ルカルカ★ナイトフィーバー(samfree)
  • 巡音ルカ10周年アニバーサリー曲 メモリ(ジミーサムP)
  • 鏡音リン、鏡音レンコーナー
    四季折りの羽(ひとしずく×やま△)
    Fire◎Flower(halyosy)
    ロキ(みきとP)
  • 重音テト10周年メドレー
    耳のあるロボットの唄(耳ロボP)~吉原ラメント(亜沙)~おちゃめ機能(コジマジP)
  • 名曲小編成コーナー
    ハッピーシンセサイザ(EasyPop)~いーあるふぁんくらぶ(みきとP)~ちがう!!!(カルロス袴田(サイゼP))
  • メルティランドナイトメア(はるまきごはん)
  • SNOW MIKU 10周年メドレー
    好き!雪!本気マジック(Mitchie M)~ Snow Fairy Story(40mP)~スターナイトスノウ(n-buna×Orangestar)
  • 星のカケラ(平沢栄司)
  • 巡音ルカ10周年記念曲 with 初音ミク ガールズフレンドシップ(Mitchie M)
  • エンディング

→大阪公演では演奏曲が異なるとのこと。
セットリストの紹介が終わったので、続いて栗田さんについて語っていきましょう!

栗田さんについて

指揮について語る前にスコア(譜面)のことを少々語らせてください。
目が悪いので双眼鏡を使って栗田さんを見ていたのですが、今回はスコアに栗田さん自身の覚書の書き込みが多い印象を受けました。スコアに折り目をつけたり、見出しをつけていたりと他の公演よりも各所に気を配る公演だったと思われます。あとスコアをめくる時にできるシワが深かった。BRA★BRA FINAL FANTASYの様に全国ツアーだと回数を重ねる度にシワが深くなりボロボロになるのは分かりますが、今回は東京と大阪のみ。つまり、それだけリハーサルをした、もしくはリハーサルの内容が濃かったのではないかと想像してしまいました。スコア(譜面)だけで色々と想像してしまうのも栗田さんファンの仕様です(笑)

では、ここから指揮などについての感想を。
第一印象は『1曲目からよく飛ぶなぁ~』でしたw 去年の公演よりも飛んでいたのではないでしょうか?よく飛ぶ以外には、指揮台のバーに背中が当たる心配がないので前後左右の動きが伸びやか、にこやかな表情をしたかと思えばキリッと引き締まった表情をして曲が持っている情緒を表情でも的確に伝えおり、曲によっては激しい動きをする場面もありながらも栗田さん自身もノリノリで楽しんでいると自分は思いました。
公演終了後のTwitterでは「踊っているみたい」「今回もノリノリ」「格好いい」等々のツイートがありました。このような賛辞のツイートを見れてですね...応援している身として、これほど嬉しいことは...。゚゚(*´ω`*。)°゚。←再び感涙中

個人的に全曲の中で一番印象に残ったのはダントツで『四季折りの羽』。タクトを振った瞬間、自然と『四季折りの羽』の世界に引き込まれ、直感的に去年の公演を凌駕していると思いました。その直感が正解かどうか確かめる為に感想を書きながら去年のBlu-rayを見たんですね。直感は正しかった。今年の指揮は2人が互いを強く想う気持ち・情景を全身を使って、これでもかと言わんばかりの激しい動きで表していた。でも、その動きの中に切なさや儚さも秘めていて、栗田さんの表情は愁いが溢れていて...。
我々(来場者)は、曲に込められた『想い』を魂に宿し、『想い』は指揮となって表れるも、栗田さん自身の理性は保ったままで細部まで気を配り楽団に指示をしていた、栗田流指揮の神髄を見たと、言えるでしょう...否、見たと言い切れますね。
来場者の魂を揺さぶる指揮はまさに圧巻。この記事を読んでいる方で大阪公演にも参加される方がいましたら栗田さんの動きにも注目してみてください。栗田さんの神髄を目撃できます。

ここからは指揮以外について思ったことを。
ルカルカ★ナイトフィーバー、原曲よりも去年よりもテンポが少々早かったような気がしたのですが、皆様はどう感じましたか?個人的にテンポが少し早くなったことにより会場全体のノリが去年よりもノリノリだったと思うのです。栗田さんの指揮も去年よりもキレッキレでしたから。何かね、倍速で見てる感じがしました(笑)
あえてテンポを早くしたのかもしれませんね。テンポを変えると会場全体のノリが変化しますし、曲の雰囲気も少し変化すると思うのです。
何故そう思ったかと言いますと、今年の狩猟音楽祭は前半のラストやアンコールで演奏されることが多い『旅立ちの風』が最初に演奏されたのですが、過去の公演で演奏された中で最もテンポが遅いと感じました。最初に演奏される時はテンポを遅くすることで『今から始まる狩猟音楽祭の雄大な世界観』を表現し、アンコールのラストで演奏される時は『旅立つハンターの背中を後押しする』を意識してのテンポと音にしたと自分は推測しております。
自分はそれをハイレゾ音源やCDを通してではなく狩猟音楽祭で体感したので『初音ミクシンフォニーでも、あえてテンポを少し早くして曲に変化をつけたのかも?』と思ったワケです。

今年もお約束?のペンライトで指揮をされましたね(*´▽`*) ペンライトで指揮をする姿を見た瞬間に栗田博文タクト伝説が瞬時に更新されました✨

  • 逆転裁判15周年記念オーケストラコンサート:グッズのクラッチバッグを持って登場後、クラッチバッグからグッズのボールペンを取り出し指揮。
  • 逆転裁判オーケストラコンサート2018:スタッフさんに100均で日の丸扇子を買ってきてもらい指揮。
  • 初音ミクシンフォニー2017:グッズのペンライトを使って指揮。
  • 初音ミクシンフォニー2018-2019:グッズのペンライトを使って指揮。New!

初音ミクシンフォニーと逆裁オケコン以外でも、この伝説が更新されるのか...目が離せません!!栗田さんのノリの良さ、ホンマ好きやわ~(*´▽`*)♡
ペンライトでの指揮が終わった後、コンミス(コンサート・ミストレスの略。コンサートマスターの女性版。役割はWikipediaを参照してください。)の方が「栗田さん、今日 " も " ノリノリ(*´艸`) 」みたいな表情を浮かべてクスッと笑っていた表情、見逃しませんでしたよ( ̄▽ ̄)✨ 栗田さんは東フィルさんと仕事をすることが多く、コンミスさんも何回も栗田さんのノリの良さを間近で見ているので思わずそんな表情をしてしまったのでしょう。

アンコールでの動きは、いつもの動き(出てきたかと思えば引っ込み、また出てきて引っ込むパフォーマンス)を見せてくれました。今回は手をクイクイさせる「もっと拍手ちょうーだい」の動きはありませんでしたが、栗田さんの可愛さに変わりはありません。この時の表情も可愛いですよね(*´▽`*)♡ ちなみに、このパフォーマンスはゲームやアニメの公演では定番です。
可愛いで思い出した!巡音ルカ10周年メドレー前で「ペンライトの色をピンクにしてね」のMCがあった時、栗田さんが来場者に向かって手を振った仕草も可愛かった..._:(´ཀ`」 ∠):💕 栗田さんの可愛さ、犯罪級..._:(´ཀ`」 ∠):💕

自然と手拍子が巻き起こった際の来場者への指示もお見事!
手拍子で盛り上がって欲しい時や手拍子が足りない時は煽り、でもソロ演奏が行われる時は音を聴いて欲しいから『手拍子は止めてね』の指示をしてくれます。なので、いつも手拍子しやすくて助かっています♪煽ってくれる時の動きも可愛いので来年発売されるBlu-rayにバッチリ収録されていて欲しい...むしろ、栗田さんの指揮を最初から最後まで拝める映像特典が欲しい!!

アンコール曲のMC、「大切な人...」のくだりで号泣してしまいました。
目の前で引退するまで応援し続けると誓った大切な推しである栗田さんが指揮をしている、仕事で鬱一歩手前になった時に救ってくれた人の1人でもある栗田さん、栗田さんのお陰で様々なジャンルの音楽を知ってコンサートを一緒に楽しむ友人や仲間ができた...等々のことが頭によぎって自然と目から熱いモノが零れていました。自分は大阪公演も参加するのですが、大阪でも号泣する自信があります。この文章を書いている時もウルウルしていますから。初音ミクシンフォニーも涙腺がいつ刺激されるか分からないので厚手のハンカチは必須ですね。

栗田さんについて思ったことは以上となります。
今回も長文になってしまいましたね。いつものことですw

続いて、初音ミクシンフォニーに参加した皆様について思ったことを書かせてもらいます。

初音ミクシンフォニーに参加した皆様について

音を大切にしている皆様だなと思い、気がついたら下記の内容をツイートしていました。

音の余韻が残っている時、栗田さんは左手もしくはタクトを直ぐには下ろしません。下ろす動きをしても、ゆっくりとした動きです。
他の公演は音の余韻が残っているのに、栗田さんが左手もしくはタクトを下ろしきっていないのに、拍手が巻き起こるので余韻を楽しめないことが大半なんです。
ですが、初音ミクシンフォニーに参加された皆様は余韻も大切にしている...盛り上がったテンションに任せて拍手をするのではなく、余韻も楽しんだ後に盛大な拍手をする...分かっていらっしゃる!なので、余韻もじっくり楽しめました♪ありがとうございました!

皆様のコンサートへの熱量が桁違いに高いのも最高です!!
スタンディングオーベーション(スタオベ)を行っても非難されない、むしろ皆でスタオベをして最大の賛辞をダイレクトに贈ろうじゃないか!の心意気、大好きです!!
スタオベについて個人的に思っていることを書くと長くなるので割愛させていただきますが、日本で行われる公演でのスタオベは最大の賛辞をダイレクトに伝える最も良い手段と言えますので、他の公演に参加した際にスタオベをしている人がいても非難せずに『その人にとって熱い公演だったんだな』と寛大なお心で受け止めて欲しい思っております。

最後の三本締めについての賛否は分かれたでしょうね。
今後も公演を行ってもらうには、スタオベやアンケート等で賛辞を伝え、リアルな話になってしまいますがグッズやBlu-rayやCDの購入でお金を落とすことが重要だと自分は考えています。そこに三本締めが加わったので『他の公演では考えられない賛辞の伝え方で斬新!』と思いました。
コンサート自体の余韻を噛みしめたい人は違和感を覚えたでしょうし、コンサートでテンションが上がった熱を共有できて嬉しかった人は良かったと思ったことでしょう。
双方の気持ち、頭では分かるので中立の位置にいますが、心は三本締め良かった派です。スタオベとは違う来場者の熱量を出演者の皆様に届けられたと思っているからです。

色々と分かっていらっしゃる皆様なので書かなくても大丈夫だと思いますが、念の為、書いておきますね。

たかがアンケート、されどアンケート。

運営陣の皆様に熱き想いを伝えられるチャンス、最大限に活用しましょう!来年も公演を開催してもらう為に忘れずにアンケートを提出しましょう!!

最後に初音ミクシンフォニーに参加した皆様に伝えたい気持ちをまとめたツイートも貼っておきます。

耳と目の両方で楽しめる公演、そうそうありません。
来年も開催されるなら、チケットが確保できたら、また参加します!
栗田さんの指揮を見たいけどボカロ音楽はあまり知らないから...と、参加を悩んでいる方へ。新たな音楽と出会えるチャンスだと思って聴きに行ってみませんか?何も知らない状態で聴くのも新鮮ですし、魂が揺さぶられる曲と出会うかもしれませんよ?

初音ミクシンフォニーに携わった皆様、最高の時間をありがとうございました!

長文感想を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
勢いのまま書いた拙い文章ではありますが、栗田さんの魅力が少しでも伝われば幸いです。また、初音ミクシンフォニーで栗田さんに興味を持たれた方がいましたら、是非ほかの公演にも参加してみてください。初音ミクシンフォニーでは見られない栗田さんの神がかった指揮、拝めます!

関連記事

www.kurita-fan.com

レポが掲載されているブログ

ネットサーフィンをしていたら偶然くろひつじさんのブログを発見することができたのでリンクを貼らせていただきました✨

rojiurakomichi.hatenablog.com

レポが読めるサイト

●Real Soundさんのレポ

realsound.jp




▲ブログのトップページに戻る