推し三昧

指揮者の栗田博文さんを熱量MAXで応援している非公認ファンブログ。栗田さんが紡ぐ音楽の世界を一緒に楽しみませんか?

✨🌵 おすすめ記事 🌵✨



指揮者:紙谷一衛さんの情報をまとめてみた

ネットにある紙谷一衛さんの情報をまとめてみた

オーケストラのイラスト

栗田さんの指揮を見る(楽しむ)にあたって、栗田さんの師匠が「音楽について、指揮法について、どう考えているのか」を知る事も大切だと思っている管理人。

そこで、今回はネットにある紙谷一衛さんの情報をまとめました。

情報が少ないのでザックリとした内容ですが、気になるなら読んでみてください😊

 



1. 紙谷さんの経歴

  • 15歳齋藤秀雄 氏に師事。
  • 19歳:東京フィルハーモニー交響楽団を指揮してデビュー。
  • 1949年:齋藤秀雄指揮教室の助教になる。
  • 1957年:東芝EMIのプロデューサーになる。
  • 1963年:郵政中央吹奏楽団の指揮者になる。
  • 1966年:桐朋音楽大学の指揮科及びオーケストラ講師になる。
  • 1978年:東京音楽大学において指揮科助教授になる。
  • 1981年:東京楽友協会交響楽団の指揮者になる。

公益社団法人 日本吹奏楽指導者協会(JBA) 東京部会長 を務めている期間があった。東京都部会のサイトの「令和2年度役員」にも紙谷さんのお前が記載されている。



2. 研修会について

紙谷さんのお顔が知りたいなら、まずは下記のサイトにアクセスしましょう。タクトを構えている姿、ステキですよね?😆

www.fukuichi.org


研修内容は齋藤秀雄さんの指揮法と紙谷さんが持参した資料をベースに行っていたようですね。

今までの指揮法と違った「跳ね上げ」、もしかしたら栗田さんの指揮に反映されているかもしれません。

平成21年度の内容は報告書の冒頭で「打ち切り」の発表がされていて、他の年度に比べて薄い内容なのが残念😥

下記の報告書は全てpdfファイルで開きますので、スマホ(Android)から閲覧する場合はファイルがDLされます。データ量のご注意を。

平成18年度に開催された研修会の報告書
※ファイルサイズ:6.83MB

平成19年度に開催された研修会の報告書
※ファイルサイズ:9.39MB

平成20年度に開催された研修会の報告書
※ファイルサイズ:17.9MB

平成21年度に開催された研修会の報告書
※ファイルサイズ:25.7MB

 



3. 書籍情報

紙谷さんに関する情報、Googleで検索しても非常に少ないので本は貴重です。気になるなら要チェック!



4. 動画

当サイトは基本的に公式様がアップされている動画のみ掲載していますが、今回ばかり掲載せずにはいられませんでした。

紙谷さんの指揮を見れる動画、恐らくこの動画 " のみ " かと。



5. CiNii Articles

CiNii Articles(参考:CiNii Articlesとは?)に紙谷さんの情報がある。気になるなら「新規登録」を行い、閲覧できるか確認してみよう。

CiNiiの紙谷一衛さんの情報

 



6. 過去の演奏会情報

過去に開催された演奏会についての情報は下記のサイトがまとめていましたので、ご参考までに。

i-amabile.com



7. 参照サイト

この記事を作成するにあたり参考にしたサイト一覧です。

www.c-sqr.net

orchestra.musicinfo.co.jp

 

ネットに紙谷一衛さんの情報は「ほとんど無い」と言っていい状態でしたが、ほんの少しだけ見つかったので「良し」します😊

検索して新たな情報を発見したら随時更新しますね!

この記事に掲載していない情報を知っている方がいましたら、お問い合わせフォームもしくはTwitterより教えていただけると助かります🙇

\ランキングに参加中/
ポチッてもらえると励みになります!
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ  にほんブログ村 クラシックブログ 指揮者へ