推し三昧

指揮者の栗田博文さんを熱量MAXで応援している非公認ファンブログ。栗田さんが紡ぐ音楽の世界を一緒に楽しみませんか?

【感想】メタルギア in コンサート 2018

メタルギア in コンサート 2018 の感想

この記事を読む前に下記の注意点をご確認ください。

  • メタルギアのファン視点での感想ではありません。
  • 栗田博文さんのファン視点での感想になります。
  • 総文字数:約6,800文字。
  • 誤字脱字はありません...とは言い切れません😅
  • 写真の枚数が多いので、Wi-Fi接続からの閲覧を推奨しております。

上記を踏まえた上で『読んでみようか!』と思ったチャレンジャーな方は、このままお進みください。

メタルギアというタイトルは知っている、でも作品の物語は知らない。そんな自分が栗田さんが指揮をするコンサートという事でチケット争奪戦に参加すると即決したメタルギア in コンサート。

メタルギアinコンサートのポスター

メタルギアコンサートのポスター

無事にS席のチケットが確保できたので潜入結果報告を致します!(キリッ

まずは、当ブログでは恒例となっている栗田さんの胸元を華やかにしている薔薇ブローチのカラーは何色だったのかを報告します。

  • 前半:白の薔薇ブローチ
  • 後半:赤の薔薇ブローチ

メタルギアという作品を意識して、その色をチョイスしたのかは分かりませんが、1日に1公演の時だけは、前半が白・後半が赤のパターンが多い気がします。公演終了後に薔薇ブローチの色についてツイートしていた方がいたので、自分以外にも見ている人は見ているなっと思って、ニヤッ♡( *´艸`) としてしまいました。笑

続いて、舞台袖でタクトのコルク部分を使って『コン、コン、コン』と鳴らす栗田さんの儀式の音、バッチリ聞こえました。この音を聞くと『いよいよ始まる!』という気分になります。メタルギア風に書くと『潜入開始!』もしくは『作戦開始!』になるのでしょうか?(笑)『そんな儀式をしてるんだ?』と思った方で、栗田さんが指揮をするオケコンに行く機会がありましたら、会場の構造にもよりますが、前の席なら大概は聞こえますので耳をすませて、その時を待っていてください。きっと聞こえるはずです♪

指揮台について、今回は少しばかり語らせてください。席に着席すると真っ先に確認する指揮台は、BRA★BRA FINAL FANTASY やモンスターハンター狩猟音楽祭の時よりも1段高くて、ヤ バ い ...!_:(´ཀ`」 ∠): となり、それだけでテンションが上がる魁人さん。理由は単純明快。栗田さんの指揮が拝みやすくなるからテンションが急上昇したのです。分かりやすいでしょ?(笑)指揮台を2段にしたのは、演出に必要なデカいスクリーンを設置した → 会場が若干狭いから雛壇形式で楽器を配置できない → 後方に配置された楽器の演奏者さんは雛壇形式じゃないから指揮が見えづらい → 指揮台を2段にして見えづらさを解消...だと思われます。これは、あくまでも個人的な推測。指揮台を2段にした真相、自分も知りたいです!
ちなみに、指揮台にバーは設置されていました。公演によっては設置されていない場合もありますが、今回は指揮台を2段にしていたので必須ですね。栗田さんは激しい動きで指揮をされる事が多いので、あった方が安心&安全かと。
指揮台とバー以外に気になったのは『指揮者用の譜面台よりも上の位置に設置されていた栗田さんが見る用のモニタ』と『指揮中に栗田さんが左手で何かを調整できる装置』の2点でした。映像を流しながら指揮をする公演によって、モニタは指揮者用の譜面台の左側または右側、もしくは足元に設置されている時もあります。設置される場所、公演ごとに異なるのが分かった上で知りたいのは『どこに設置されるのが栗田さんにとって一番見やすいのか?』です。何かの機会に教えて欲しいものです(´▽`) モニタよりも気になったのは、何かを調整できる装置。後半戦で調整している場面が度々あったんですよ。メトロノームのテンポを調整していたのかな?曲とは別にメトロノームが刻む音らしき音も聞こえていたから。こんな時、音楽に詳しいBRA★BRA仲間がいたら休憩の時とかに即質問できたんだけど、今回は単独潜入だったので無理でした。笑

公式サイトにセットリストが発表されていますが、書いておかないと何か気持ち悪いので書いておきますね!

メタルギア in コンサート 2018
開催日:2018年7月7日(土)
指揮:栗田博文
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
会場:東京文化会館・大ホール
開演時間:17時30分
終演時間:-(確認し忘れました..._(:3 」∠)_ )
※終演時間の目安は開演時間から2時間30分後です。

[ 前半 ]
METAL GEAR SOLID 3
SNAKE EATER
 “METAL GEAR SOLID” Main Theme
 Across The Border
 The Pain
 Fortress sneaking
 Sidecar -Escape From The Fortress-
 Takin’On The Shagohod
 Troops In Gathering
 Life’s End
 Debriefing

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER
 Rain of Bane
 Marshland
 PUPA
 Uninterrupted Signal
 METAL GEAR SOLID PEACE WALKER Main Theme
 恋の抑止力

METAL GEAR SOLID V : GROUND ZEROES
METAL GEAR SOLID V : THE PHANTOM PAIN
 Ground Zeroes
 Bloodstained Anthem
 The Fall of Mother Base
 V Has Come To
 Shining Lights, Even in Death
 Sahelanthropus Dominion
 Sins of the Father

[ 後半 ]
METAL GEAR SOLID
 VR Training
 Intruder 1
 Mantis' Hymn
 Hind D
 Escape
 The Best Is Yet To Come

METAL GEAR SOLID 2
SONS OF LIBERTY
 Opening Infiltration
 Olga Gurlukovich
 RAY Escapes
 Fortune
 It's the Harrier!
 Battle
 Freedom to Decide

METAL GEAR SOLID 4
GUNS OF THE PATORIOTS
 Old Snake
 Gekko
 Mobs Alive
 Guns of the Patriots
 Everything Ends
 Father & Son
 METAL GEAR SAGA

[ アンコール ]
 Snake Eater
 Heavens Divide

これだけの曲を栗田さんの指揮で聴けたんだと思うと...感涙です!それでは、BRA★BRAの感想同様に、まとめ風に書いていきましょう!

栗田さんについて

『栗田さんが指揮をすれば、その作品の世界に直ぐに引き込まれるんでしょ?』と思っている方もいると思うので、最初に申しておきます。今までジャンルを問わず栗田さんが指揮をするゲームやアニメのオケコンに参加してきましたが、作品の世界に引き込まれなかったオケコンもありました。栗田さんが指揮をすれば、どんな作品の音楽であっても引き込まれるワケではありません。引き込まれるかどうかは、恐らく音楽との相性の問題だと思います。自分は作品の物語を知らなくても、ストライクゾーンの曲だと直ぐに引き込まれるみたいです(笑)メタルギアの音楽に関しては、栗田さんが1曲目を一振りした瞬間、メタルギアの世界に引き込まれていました。つまり、ストライクゾーンの曲だったというワケですね。
メタルギアのストーリーを知らない自分ではありますが、栗田さんの指揮で次々と奏でられる音楽達から、メタルギアがプレイヤーに伝えようとしている、体験させようとしている壮大なストーリーが僅かではありますが、心に伝わってきました。メタルギアをやり込んだ方なら尚更だと思います。緊張感や緊迫感がある曲ではキリッとした表情に緻密でダイナミックな指揮で、それらを表現し、切なさで心が締め付けられる曲は、悲しみの表情に哀愁ある指揮で、それらを表現していました。自分の感想を初めて読む方もいると思うので改めて書かせてもらいます。栗田さんは指揮者として音の方向性や強弱などを指示しながらも『栗田博文』という魂ある1つの楽器として楽団と共に音楽を奏でているように見えて仕方ないのです。栗田さんの全身を使った指揮は、音楽そのものを栗田さんの魂に宿し、音楽を『指揮』という目で見えるモノにして表現している...自分はそのように感じています。これは、あくまでも自分も感じ方。人によっては違う感じ方をしたでしょう。その感じ方は、貴方だけのものなので大切にしてくださいね。
後半戦は、右手で指揮しながら左手でイヤホンを気にしつつ、装置で何かを調整したりと、いつもより別の意味でせわしない動きが印象的でした。前半後半ともにジャンプ有の激しい動きで指揮をしていましたが、イヤホンが落ちないように気を付けているような感じでした。なので、いつもより少し大人しい指揮のように見えましたが、皆様の目にはどんな風に見えていたのでしょうか?アンコール曲はイヤホンから解放されたのでキレが違いましたね!アンコール前の、いつもの動き(袖口で出たり入ったりの動き)も可愛かった(*´ω`*)♡ 指揮台にぴょんと上がる姿も可愛かった..._:(´ཀ`」 ∠): 栗田さん、ヤバい..._:(´ཀ`」 ∠):♡ ←いつもの発作ですwww
今回の公演の席は1階5列2番だったのですが、最高でした(✽´ཫ`✽) 何が最高だったかと言いますと、栗田無双(意味:激しい動きで指揮をするさま)を頭のてっぺんから足の先までガッツリ見ることができ、指揮を始める前の構えもガッツリ見ることができ、更には打楽器チームへ指示する時の情熱的な指揮もガッツリ見ることができたからです(*´▽`*) 構えのバリエーション、恐らく栗田さんは意識していないと思うのですが、とにかくカッコイイのですよ(*´ω`*)♡ 構えた瞬間に曲を宿すさま、いつも魅了されてしまいます..._:(´ཀ`」 ∠): 来場された大半の方はスクリーンをガッツリ見ていたと思いますが、別の機会に栗田さんが指揮をするオケコンに参加される時は栗田さんの指揮にも注目してみてください。

ドナ・バークさんについて

今回の公演で初めてドナさんの歌声を聴いた自分ですが、いつの間にか涙が零れていました。初めてなはずなのに、どこか懐かしいと言うか、引き込まれたと言うか、心が締め付けられたと言うか、どう言葉で表現していいのか分からない感情に包み込まれていました...ドナさんの歌声と音楽が自分の魂に触れたのかもしれませんね。

シエナウインドオーケストラの東佳樹さんについて

東京フィルハーモニー交響楽団にドラム担当として潜入(笑)していたことを確認できました!かっこいい演奏姿もバッチリ確認したかったのですが、自分の席からは見えなかった..._(:3 」∠)_ 自分の席から見れた東さんの姿は休憩が始まって直ぐに楽器のチェックをしていた所とカーテンコールの時だけでした(´;ω;`) 全く見れなかったワケじゃなかったけど、やっぱ推している人の姿はガッツリ見たい!!今回の公演、東さんの演奏姿が見れなかった、その1点だけが自分の中での残念ポイントになってしまいました。2階席なら、きっとガッツリ見ることができたんだろうな~。演奏姿は見えませんでしたが、音だけは素人耳ながらも頑張って聴いていました。感想は、某おっちゃん風に言うと「最高やったで!(≧▽≦)b☆」の一言に尽きます!
そうそう東さんはインスタ(https://www.instagram.com/higashi_yoshiki/)をされていて、そこでメタルギアコンサートで使用したドラムセットの写真をアップされていたので興味がある方は見てみてください。ドラムセットもカッコイイ♡(*´ω`*)♡
ちょっと、余談になってしまいますが、ますますシエナさんの打楽器チームに魅了されている自分がいる...ヤバい..._:(´ཀ`」 ∠):

上記で以外で色々と思ったこと

グッズにパンフレットが無かったのが、少し...ではなく、めっちゃ寂しく感じました!!ドナ・バークさんのメタルギアに対する『想い』とか、2017年公演の指揮者であり編曲を担当されたニコラス・バックさんのコメントとか、2018年公演の指揮を担当した栗田さんのコメントとか、コンサート開催に携わった関係者のコメントとか読みたかったし、舞台裏の写真とか見たかった!!もし、来年も開催されるならコンサートに携わった皆様のコメントを載せたパンフレットの販売をお願いします!!
今回の公演、収録のアナウンスは流れていませんでしたが、撮って(録って)いましたよね??舞台の上に恐らく収録用だと思われるマイクが各所に設置されていて、1階席の一番後ろには色々な機材が設置されていました...期待していいのでしょうか?オケ音源を収録したCDの販売を期待していいのでしょうか??映像を収録したBlu-rayは無理だったとしても、せめて、CDの販売をお願いします!公式様ぁああああ!!!

栗田さんが指揮をするということで潜入したメタルギアコンサート。
栗田さんの情熱的な指揮を良い席で拝め、メタルギアの音楽を知ることができたので、潜入できて本当に良かったです!(*´▽`*) 『栗田さんが指揮をしているけど、メタルギアは知らないから潜入するのは止めよう』と思っていたら、自分はメタルギアの音楽をずっと知らずにいたでしょう。作品を知らないからコンサート(音楽)を楽しめないと考えてしまい、参加を断念してしまう気持ちも分かります。ですが、知らない状態で聴くのも楽しいですよ。どんな場面で使われたかを知ってしまえば、その場面しか頭に浮かばないと思いますが、どんな場面で使われたのかを知らなければ、色々な想像ができる...これが知らないなりの楽しみ方の1つかと。
なので、気になったオケコンはどんどん行って自分なりの楽しみ方を見つけたら良いと思います。オケコンでしか味わえない音圧とかを肌で体感して、生演奏でしか味わえない感動を噛みしめて欲しいです(*´▽`*)

来年も栗田さんの指揮で開催されるなら、チケット争奪戦に即参加します!( ̄▽ ̄)☆

ここからは、7日にあった出来事をつらつらと。
6日、中国地方を襲った大雨によりダイヤが乱れた山陽新幹線と東海道新幹線。7日も乱れたり遅延したら上京できない、もしくは行けても帰ってこれないと思ってた。7日の20:30頃に千葉で地震があって焦ったけど、帰りの新幹線が遅延せずに動いてくれてホンマに助かりました。新幹線が遅延したら、その日中に家に帰れないという、ヤバい計画だったのですよ..._(:3 」∠)_ 泊りにすれば良かったんだけど、今月は東京を皮切りに兵庫・広島・大阪へ遠征するから節約できる所は節約したかったのです。
メタルギアコンサートでグッズを買わない代わりに、スクエニカフェで色々と買った自分w 買った直後に使い始めたから何を買ったかの写真が撮れていないっていうwww ちなみに、何を買ったかと言いますと、サボテンダーのペンケースやポーチやチョコボのポーチなど。サボテンダーの貯金箱も売っていたけど、お持ち帰りが大変だから諦めた(>_<。)
グッズの写真は撮れなかったけど、いつもの写真は撮ってきましたよ( ̄▽ ̄)☆

東京文化会館前で撮影(昼)
記念撮影の場所は、いつもの場所で♪

オケトラ前で撮影
オケトラ前での撮影も恒例行事w

東京文化会館前で撮影(夜)
ミニサボテンダーのホラー感もなかなかw

後は、お昼ご飯に食べたサブウェイの直火焼きタンドリーチキンと帰りの新幹線で呑んだお酒。

f:id:memory0:20180712184246j:plain
直火焼きタンドリーチキン、美味しかった!また食べたい(≧▽≦)♪

サントリー -196℃サイダーパンチ 350ML
お酒も美味しかった(*´ω`*) 期間限定じゃなく、年中販売して欲しい(*´▽`*)

最後に、分かる人だけに分かることを書いておきます。
7日のお帰りは、めっちゃ早かったですwww 最速かもしれない...呑みの予定があったのかな?wwwww

読み切った方の中で、この記事に対する感想などがありましたらブログのコメントに残していただけないでしょうか?
ブログのコメントはTwitterと違い、埋もれることがありません。読み返す際の手間が大幅に省けますので、ご配慮いただきたく存じます。何卒よろしくお願い致します。

▲ブログのトップページに戻る