推し三昧

指揮者の栗田博文さんを熱量MAXで応援している非公認ファンブログ。栗田さんが紡ぐ音楽の世界を一緒に楽しみませんか?

【この企画は終了しました】BBFF4でノビヨ師匠と栗田さんへフォトブックファンレターを渡し隊

企画名にセンスがないのは仕様です。諦めて下さいw
2017年9月18日に企画を発足して(記事をアップして)数ヶ月...ノビヨ師匠と栗田さんに渡すフォトブックファンレターを無事に完成させることができました!

フォトブック

どんな表紙なのか4月の東京公演でお二人に渡した後に公開しますね!どんな中身なのか見てみたい人もいるかもしれないので公開できる箇所だけ後日チラッと公開します。それまではブログ上では秘密です( *´艸`)

気になる?フォトブックファンレターの作り方

『カメラのキタムラ』のフォトブック(http://photobook.kitamura.jp/)から作りました。キタムラを選んだ理由は以前フォトブックを作ったことがあって仕上がりが予想以上に良かったからです。

フォトブック

フォトブック

これが以前作ったフォトブックの表紙と中身の一部。サクっと作った割には、なかなかイイ感じでしょ?(´▽`)

色々なプランがあり、作り方を把握しているから要領は得ている、この2点によりキタムラを選択しました。キタムラ以外でも作れる所はあるので気になった方はググってみてください。

今回選んだプランはセミハードカバーの121mmx188mmサイズ。色々なプランと比較した結果「これしかない!」と思いました。表紙が丈夫で持ち運びが楽なコンパクトサイズ。お持ち帰りして頂く際に荷物になるのだけは避けたい。その考えにより選んだセミハードカバーのプラン、何と2018年4月末にサービスが完全終了してしまいます。残念で仕方ありません(>_<)

セミハードカバー

プランを選び写真をアップロードすると独自の技術が勝手に配置してくれるので、まずは配置された写真を1枚ずつ解除。個人的に独自の技術で配置、作成者が配置の選択肢があってもいいのでは?と思いました。いちいち解除するの面倒ですから。
全て解除させてから思い描いているイメージに沿って配置し直します。事前に完成イメージを作っておけば、その通りに配置すればOKなので予め作っておくことをオススメします。自分はExcelで完成イメージを作っておいたお陰で楽でした♪
写真を配置し、システムを使っての写真表示位置選択や文字入れやスタンプや背景柄の変更は操作に慣れてしまえば簡単に行うことができるので何の心配もありません。問題は画像化したファンレターのファイルでした。表示位置の都合上、それに適したサイズにトリミングされたり拡大表示されるので、解像度を落とさずに適したサイズに加工しなければいけません。これが一番苦労しました。適したサイズに加工しても読みやすさが損なわれては意味がありませんから何度も微調整しました。何度も試行錯誤をしてデータを作った後、アップロードして確認用として1冊だけ作ってみた結果は...満足できる物が出来上がりました。諦めなくて本当に良かった!(≧▽≦) 確認用で仕上がりをチェックし本番用を作成。こんな感じの流れで作りました。

上記の流れを簡単にまとめると...

フォトブックに使う写真とファンレターの画像を準備
 ↓
完成イメージを作成
 ↓
完成イメージに沿って配置や文字入れ
 ↓
確認用を作成
 ↓
確認用のフォトブックで仕上がりを確認
 ↓
本番用を作成

な感じになります。
1人で作成する場合は自分のペースで作成できるので挫折しなければ出来上がると思います。複数人で作る際は何かと大変ですが、出来上がった感動はヤバいです。同士様がいて時間に余裕があるのなら、一緒に作った方がより良い物が出来上がるでしょう!ただ主催をする人は自分のキャパはちゃんと把握しておいた方がいいです。でないと途中で疲れると思う。ちなみに、自分のキャパは2人分を同時進行で作るなら自分を含めた5人が限界かなぁ~。5人以上だと多分キャパオーバー(^-^;

もし、次(BBFF5)があるなら作りたい気持ちはあります。来年はノビヨ師匠が還暦を迎えますからね!でも、どうするかは決めてません。


▲ブログのトップページに戻る