指揮者 栗田博文さんを応援している非公式ファンサイト

GRANBLUE FANTASY ORCHESTRA - SORA NO KANADE - 東京追加公演 の感想

行ってきました、グラオケ東京追加公演!自分が参加したのは、12日の昼と夜、13日の昼の計3回。「同じ公演なのに3回も参加するの?」と言われそうですが、します!しますとも!!今ゲームやアニメよりも推し指揮者である栗田博文さんにハマっているので参加できる公演には全て参加します。『 #グラブル 』には課金しませんが『 #グラオケ 』には何の躊躇いもなく課金する人なのですよ、自分は。だから、今回の公演も全てグッズ無のS席(¥14,800)で参加しました。チケット代だけで計¥44,400。その金額に宿泊代と交通費も加わえると結構いいお値段になります。それが高いと思うか安いと思うかは、その人の価値観によって変わってくるので、ご自由に思って下さい(^-^)

自分の感想は行動日記も含まれているので長いです。おまけに、今回の道中は色々な事があったので余計に長いです。なので、もし「読んでやろうじゃないか!」と思ったチャレンジャーな方は、お時間がある時に読んで下さい。書き終わった後の誤字脱字の確認はしていますが、見逃している箇所があるかもしれません...というか絶対にある!なので、その時は大目に見てくれると助かりますm(_ _)m

前置きが長くなりましたが、感想 兼 行動日記へどうぞ!
※写真の枚数が多いのでスマホで閲覧する方はデータ量にご注意ください。

 

11日は大阪で狩猟音楽祭の指揮、12,13日は東京でグラオケ追加公演の指揮。こんなスケジュールになるとは...予想外の展開でした。栗田さんの体力を心配しつつも、そんな展開であっても新幹線を使えば東京に行くのは容易い事なので三連休を使って栗田さんを追いかけることにしました。12日の朝、狩猟音楽祭の疲れが確実に残っているのに余裕で目覚ましが鳴る前に起きた自分。趣味にかける想いは我ながら凄いと思ったww 軽く朝ご飯を済ませてチケット等の大事なモノを忘れていないかの最終チェックをして、いざ出陣!電車の中でグラオケの曲を聴いていたら、まだ生で聴いていないのにも関わらず目尻が熱くなる始末。「まだ本番を迎えていないのにヤバくないか?」とか思いながら電車に揺られていたら名古屋駅にあっという間に到着。新幹線に乗る為に田舎から出なきゃいかんのですよ...田舎、辛い..._(:3」∠)_
行きの新幹線に無事に乗れて都会への旅が始まりました。新幹線ではひたすら11日の狩猟音楽祭の感想を呟いたり、pomeraに箇条書きで感想とかを打ち込んでいたので、ここでもあっという間に時間が過ぎて東京に到着。何かしていると移動時間もあっという間。荷物が重くなるけど、pomeraを持っていくことで時間を有意義に使える。良き買い物をしたと思ってます♪
東京駅から山手線に乗って新宿に向かっている途中、横に座っていた女性3人組が自分達の萌えについて熱く語っていました。タメ口ではなく敬語が使われていたからオフ会かな?何の問題もなく新宿駅に到着し、降り立った地は高難易度のダンジョンでした(笑)案内標識、案内板を見ても自分が何処にいるのか分からない、方向感覚も喪失。これはヤバいと思って、とりあえず目印が沢山ある地上に出れば何とかなるかもしれないと思って出てみるも、ここが何処なのか分からない!/(^o^)\ 新宿で完全に迷子になる魁人さんww Googleマップで自分が進むべき方向を確認し宿泊するホテルまで歩こうと思っていたら雨...今日は日傘しか持ってきてない...ヤバい...時間もヤバい...そんな時、地下鉄への入り口が!降りて確認すると初台に止まる。つまり京王新線。助かった!ソッコーで地下鉄を利用して初台へ。やっとの思いでオペラシティに到着。

オペラシティ東京

雨が降り続いていたら荷物を持ったまま開場時間までオペラシティにいようと思っていたけど、止んでる。開場まで時間がある。ってことで、急いで宿泊するホテルに行って荷物を預けてオペラシティに戻るといい時間。どっかの店に入って昼ご飯を食べる時間なんて無い!でも、何か食べないとHPがゼロになるのでコンビニで食べる物を買って待機中に食べました。

レッドブルと1本満足

夕方からの頑張りに!と書いてありますが、昼間からの頑張りに食べました(笑)
モグモグしながらTwitterをしたりオケでもらえるキャラのダウンロードの準備をしていると開場時間に。キャラのダウンロードを済ませてボードにメッセージを書きました。

12日に書いたメッセージ

ちなみに、下の写真が13日の昼公演前に書いた内容。ボードに一番乗りして特等席にデカデカと書かせて頂きました。ご本人様に伝わる可能性がゼロでも書かずにはいられなかったのですよ。

13日に書いたメッセージ

一番乗りした結果の写真
一番乗りしたらノビヨ師匠と成田さんと自分のメッセージだけで写せますw

名前、HNにしようかと思ったけど、去年ノビヨ師匠と成田さんに話しかけた時「大阪公演全て参加しました」とお話したから写真の名前に。余談ですが、13日は一番乗りできたのは良かったのですが、ペンのキャップが固くてなかなか開けられず指を負傷してしまいました。肉までいったのか?!これが地味に痛い><
ボードに思いの丈を書いた後、ノビヨ師匠と成田さんのボードを撮影。1日目は離れた場所に置いてあって、2日目は並べて置いてありました。

ノビヨ師匠のボード

成田さんのボード

ノビヨ師匠&成田さんのボード
うん、やっぱ並んで置かれてる方がイイ!

1日の昼公演で先行販売のCDとパンフを購入。その後は会場内をブラブラしつつ撮影。

グラブルのオブジェ

グラオケの旗

皆ポスターを必死に撮っていたけど、認証させたらダウンロードで何かもらえたの??自分はグラブってないからスルーして座席へ。(グラブってないのにグラオケに参加した理由は、栗田さんの指揮が見たい、ノビヨ師匠と成田さんの音楽を生演奏で聴きたいからです。)そうそう、座席の結果は下記の通りでした。

チケットの写真

12日の昼公演(1階22列23番):列の端っこで栗田さんの全身が見える神席...おまけに双眼鏡を使わなくても何とか細かい動きも見れる。しかも、指揮台にバーが無い...これは...ヤ バ い !!(*´Д`*)
12日の夜公演(1階22列21番):良くもなく悪くもなく。
13日の昼公演(1階8列15番):栗田さんの動きがクリアに見える!!3公演の中で、この席が一番の神席。「聴いている最中に魂が異界にコンニチハ!( ^o^)ノ♪ するんじゃ...昨日よりヤバいぃいいいい!!」と、心の中で叫んだ席(笑)

で、肝心のグラオケ追加公演のセットリストがコチラ。

[ 前半 ]
1.メインテーマ
2.大星晶獣との戦い
3.フレイメル島 ー太古の工廠ー
4.ルーマシー群島 ー神秘の森ー
5.星は空高く(ノビヨ師匠の新曲)
6.始まりの風
7.天に散りし覇者との邂逅
8.シュヴァリエ・マグナ

[ 後半 ]
9.遙かなる旅路、天翔ける戦線
10.歴史の分水嶺
11.悲壮
12.リヴァイアサン・マグナ
13.人間との戦い(成田さんの新曲)
14.アウギュステ列島 ー白沫の瀑布ー

[ アンコール曲 ]
15.バトル1&2メドレー
16.ロボミ

栗田さん好きの方なら確認していると思われる、栗田さんが舞台の袖でタクトのコルク部分で「コン、コン、コン」と叩く音、耳を澄まして確認を試みるも、オペラシティの建物の構造上、聞こえませんでした。聞こえなくても、会場が静寂に包まれると「いよいよ始まる!」と思いますよねぇ~(*´▽` ) 栗田さんの胸元を飾るブローチは...12日の昼と夜は前半後半ともに白い薔薇、13日の昼は前半後半ともに青の薔薇でした。グラブル(空)を連想させるカラーをチョイスしたのでしょうか?単なる偶然なのでしょうか?個人的に凄く気になってます!

いよいよ始まったグラオケ。自分の記憶を残す為に書くけど、聴きに行ったことがない人は聴きに行って欲しい。もうね、聞き終わった後は放心状態になって「最高」だったしか言えなくなるから。自分の感想じゃ、それを伝えきれないから。だから、体感して欲しい。栗田さんの指揮の凄さを...!

【栗田さんについて】
今回も「神がかっていた」としか言えないです。今まで語彙力が無いなりに自分の言葉で栗田さんの指揮について語ってきたけど、語れる言葉が見つからない。それぐらい圧倒されました。言葉が見つからないから「ヤバい」しか言えなくなるんだけど、今回も自分なりの言葉で書いてみます。
どの曲も、ただ指揮をするだけじゃなく、作曲者が曲に込めた『想い』を汲み取った上で指揮をして目で見える形で来場者に伝えている。優しい曲・悲しい曲・温かい曲などの指揮は柔らかく繊細なのは当然なんだけど、その動きが細かい。例えば、優しさと言っても色々な優しさがあるじゃないですか。心を包み込む優しさ、傷ついた心を癒やす優しさ、乾いてしまった心に潤いを与える優しさ、あえて何も言わない優しさ等々...それらを異なる動きで目に見える形にしている。その動きで演奏者さんが持つ優しさを引き出して父性母性の温もりを越えた人の温もりが聴いている人の心をそっと抱き締める...そんな指揮。
対照的に、バトル曲の激しい曲は栗田さんであって栗田さんじゃない。どーいう事かと言いますと、栗田さんがタクトを構えた瞬間に、栗田さんの魂に曲そのもの(作曲者の想い)が宿って一瞬にして覚醒した結果、演奏者の魂がそれに共鳴して、栗田さんの指揮も音の一部となって、他の音を引っ張っているけど演奏者さんを支えている。聴いている人の眠っている戦闘本能を掻き立てる血湧き肉躍る動き...そんな指揮。今回は、シュヴァマグで特にそれを感じました。打楽器チームへの指示、特にシンバルへの指示が去年よりも激しくてマジでヤバかった。去年以上の熱い指揮は別次元に達したと言えます。
「曲が違うから動きも違って当然だろ」と言われれば、それでお終いなんですが、自分の目には栗田さんの背中にそれが見えて、心がそう感じるんですよ。「音楽の知識がない素人が何を言っているんだ」とも言われそうですが、これが自分の感想を言葉にした結果なんです。自分は自分が感じた通りの感想を書くまでです。この感じ方も栗田さんの指揮の感想の1つとして受け止めてくれれば幸いです。
アンコール曲のロボミ、12日の昼は自然に手拍子が起きて、途中栗田さんが来場者の方に振り向いて煽るも、後半の足踏みの煽りは無かったです。12日の夜と13日の昼は前半から栗田さんが来場者の方に振り向き手拍子求めて後半の足踏み煽りはありました。お陰で12日の夜の盛り上がり方はハンパなかった(≧∇≦)♪煽る時も全身全霊。そんな所も好きです(*´ω`*)
そうそう、12日の夜のシュヴァマグの時、一瞬どの動きで指揮をするか迷った動きがあったように見えたんだけど、自分の目が疲れていて、そう見えただけなんだろうか...。うーーーん...。
アンコール曲を指揮しようかな?どうしようかな?の動きは相変わらず可愛いかった。動きのパターン、だいたい分かるけど何回見ても可愛い(*´ω`*)♡ 後、演奏すると決めた後の小走りで指揮台に乗る動きも可愛い(*´ω`*)♡ 色々と書きましたが、とにかく可愛いんですよー(*´ω`*)♡ ←周りから見たら末期ですねww
12日の夜は演奏が全て終了した後、ノビヨ師匠、成田さん、栗田さん、小川さんが手を繋いで来場者に向かって挨拶(カーテンコール)をしたんだけど、1回目は全員小走りで登場、2回目はノビヨ師匠、成田さん、小川さんが小走りで再登場して、栗田さんは拍手をしながら歩いて再登場。こーゆう演出?それとも疲労感によるもの?12日の昼と夜、13日の昼を見た自分の見解は、ゴールデンウィークのBRA★BRAと逆裁15thOCの鬼畜スケジュールよりはマシのようには見えたけど、12日の夜は疲労感を隠し切れていない所があったように見えました。具体的に書きますと...指揮中はそんなことないんだけど、MCでフラつかないように仁王立ちでの待機と疲労感が少し見える背中、舞台袖に戻る時の疲労感が少し見える背中、指揮台に戻ってくる時のキリッとした表情の中に疲れによる渋さもあった、アンコールで指揮台に戻ってくる時は笑顔の中に疲れが見え隠れしていた...ように見えたんだけど、実際の所はどーなんでしょうねぇ...?ちなみに、11日の狩猟音楽祭でのMCは脚を揃えて待機してたよ。(辻本Pと小嶋Pが目の前話しているのにも関わらず栗田さんをガン見していたのは自分です...ごめんなさいm(_ _)m)それと、MCで待機の時にハンカチで額の汗を拭くだけじゃ間に合わず、曲が終わった後に手で額の汗を拭う場面も何度もあったから、それだけ激しい動きだったってことですよね。

【ノビヨ師匠と成田さんについて】
グラオケは会場を盛り上げる為にノビヨ師匠が指笛係を決めるんだけど、そのノリが回を重ねるごとにBRA★BRAを感じさせるノリになっていてヤバかったwww ノビヨ師匠「所詮ゲーム音楽のオーケストラだから堅苦しくしなくていい。\オゥ!イエィ!/と言っちゃってもいいし\ブラボー!/と叫んでも大丈夫!自由に楽しんで♪」と仰っておりました。BRA★BRAクラスタの一員である自分は「そのノリ、BRA★BRAだけのモノじゃないの?ノビヨ師匠wwwwww」と、思ったのは言うまでもありません。あっ、BRA★BRAクラスタの一員として自分にとってのラストであった13日の昼はロボミが終わった瞬間に「ブラボー!」と叫んできましたが、大きい声を出すのが苦手な自分だから、きっと聞こえてないww どの回か忘れちゃったけど「演奏中に叫んでもいい」とも仰っていましたが、それは止めて欲しい。BRA★BRAの公演で会場全体のノリがノリ♪ノリ♪なら、それも有だとは思うけど、自分はグラオケはじっくり聴きたい人なので。幸い、演奏中に叫ぶ人はおらず(いたら凄いハートの持ち主だよね)、指笛はタクトを下ろした後からだったので音の余韻をしっかりと楽しめました(^-^)
ちなみに、\オゥ!イエィ!/は12日の夜の発言ですw
ノビヨ師匠達が来場者が初参加かどうかの確認する場面では...12日の昼と夜、13日昼、全て初参加という人の方が圧倒的に多く、リピーターは少数派でした。その結果、12日の昼のノビヨ師匠は「大半が初参加だからMCの内容は前回と同じでいいかな?」と言い、12日の夜のノビヨ師匠は「リピーターもいるから、ちゃんと話すことを考えなきゃ!」と言って悩む表情を見せる。そーゆう所もホンマに好きです(*´▽`*) ちなみに、13日の昼には全公演制覇した猛者がいました。凄い!全てS席だったら神だよ、神!自分の大阪公演全制覇は可愛いもんだ(笑)
成田さんの顔色の悪さ(目のクマ)については「3時に目が覚めて寝れなくなって、そこからルームを探したらイイ所があって5時まで共闘してからの日課でクマができているから仕事のクマじゃない。グラブルのクマ。」という話がベースになっていて、12日の夜は「ご飯中にプレイしていて怒られた」と話すと小川さんに「子供みたい」と言われ、13日の昼はいつもより濃いメイクでクマを隠したとかwww
新作CDの販売促進はノビヨ師匠が悪代官に見えました。その理由は、悪代官みたいな表情を浮かべ、悪い声(小川さん発言)で「20分もあれば2回並べて2枚買える」と両日言っていたからですwww
ノビヨ師匠と成田さんのナーヴェのエピソードで経験した声優の仕事については「1回聞いたら記憶から抹消して下さい」とか「頭のHDDから消して下さい」とか「黒歴史」とか言ってました。まだ聞いてない人に対しては「スキップして下さい」と言っちゃう2人(笑)お2人にとって、それだけ大変なお仕事だったのが容易に想像できます。
成田さんのCM出演については、成田さんは「顔色が悪い奴を探して下さい」とかノビヨ師匠が成田さんにギャラの質問をして「ギャラは500円~100万の間だそうですよ」と噂好きの人のような言い方をしたりとか、とにかく言いたい放題(笑)
ノビヨ師匠の新曲「星は空高く」は、ラスボスの曲ということで気合いを入れて作った結果、14分ぐらい(だったはず)の長い曲になっちゃったのを8分にした曲で三部構成。自分は大地を揺るがすような低音が気持ち良かった(*´▽`*)
成田さんの新曲「人間との戦い」は、前半はゆったりとしたメロディだったんだけど中盤から徐々に盛り上がって後半のテンポが早くなる所からの躍動感はハンパなかった!
そうそう、曲のタイトルについて、ノビヨ師匠達はローマ字で「悲しい」とか「楽しい」とか簡単なタイトルを付けているだけで、ちゃんとしたタイトルは考えていないと今年も説明してくれました。ノビヨ師匠がタイトルを考えてくれえる人(何て言うのか忘れちゃった。申し訳ない><)にクレームを入れた結果「やっと、まともなタイトルになった」とか成田さんの新曲にタイトルは「捻りに捻った結果、360度回って戻ってきたから普通のタイトルになった」とか、ノビヨ師匠、ここでも言いたい放題(笑)ノビヨ師匠の人柄と嫌みのない言い方だから言いたい放題でも笑えるんでしょうね(´▽`)
13日の昼にまさかの展開がありました。ノビヨ師匠と成田さんのまさかの寸劇wwwww 寸劇...あかーーーーーん!!!BRA★BRAクラスタは『寸劇=モーグリズ』だから!モーグリズの寸劇が脳裏に浮かんでしまうwwwww 寸劇の内容は、ノビヨ師匠が成田さんの新曲のタイトルが普通過ぎるから代わりのタイトルを考えてきたというもので、そのタイトルが「お母さんのカレー」wwwwww ノビヨ師匠が成田さんのお母さんになりきって「勤、今日の夕ご飯はカレーよ。お肉や玉ねぎやジャガイモとか好きな物ばかり食べないで、赤くてベータカロチンがある...」と言い、成田さんはモジモジしながら「それって...に、人参...?」と聞き返すとノビヨ師匠は「そう、人参も食べなさい!」と言った後に2人で「「人参との戦い」」と言ってキリッとした表情を来場者に見せる2人wwwww なので、13日の昼は「人間との戦い」改め「お母さんのカレー ー人参との戦いー」になりました。この寸劇の時、栗田さん、肩で笑ってたwwwww Twitterでも呟いたけど、ノリがいい栗田さんは乱入したい気持ちを必死に我慢していたに違いないwwwww 13日の夜は「門限との戦い」だったそうで栗田さんも寸劇に入りたそうにしていたという情報も友達のツイートからゲット。もうさ、栗田さんも巻き込んで寸劇しちゃったらイイと思うよ!wwwww
各回のラストのMCでノビヨ師匠が「オーケストラで演奏していない曲がまだ沢山あります。新しいセットリストを持って次の機会で会えることを楽しみにしています。」と仰っていました。「これは来年もグラオケがあるフラグだと思っていいんですよね?ノビヨ師匠!!」と、自分は心の中で叫んでいました。叫んだよね?叫ばなかった??

【東フィルの演奏について】
12日は昼夜ともに金管チームの所々の音の裏返りが気になったけど、それ以外の音は特に気になる点はなかったです。楽器経験者だと違った感想になると思いますが。13日の昼はアンコール曲以外では音の裏返りはありませんでした。だから、アンコールの時は「後もう少しで終わるから、もうちょい頑張って!金管チーム!!」と応援している自分がいました。栗田さんの指揮に注目している自分がそう思うとは予想外。きっとBRA★BRAで知り合った友達の影響で音にも関心が向くようになったんだと思う。金管チーム以外のチームに関しては3公演とも特に気になる点はありませんでした。単に自分が素人だから気にならなかっただけなのかも。

【総評】
「最高」とか言えません!!以上(笑)

【余談】
ずっと行ってみたかったオペラシティのコンサートホール。

東京オペラシティ コンサートホール

オペラシティで初めて聴く内容が推し作曲者&推し指揮者によるコンサート、そして自分の涙腺を刺激する『ルーマシー群島 ー神秘の森ー』『悲壮』『アウギュステ列島 ー白沫の瀑布ー』が演奏された...涙が自然と零れていました。13日の昼が一番酷く3曲全て涙が...。グラブルをほとんどプレイしていない自分は3曲が何処で使われているのか知りません。知らないけど、メロディが涙腺を刺激するんですよ。きっと仕事で荒んだ(荒んでいる)心を癒やしてくれる曲だからなのでしょう。

自分なりの感想と覚えている限りの出来事を勢いのままに書きましたが、栗田さんの指揮について、グラオケの楽しさ、伝わったでしょうか?自分の感想はあくまでも自分の感想。気になった方は、恐らく来年も開催されると思うので、その時に自分の心と耳と目で確かめて下さい!

グラオケを満喫した後、12日の夜は撮影を楽しんでいました。夜のオペラシティ、雰囲気があって楽しかったぁ~(*´∀`*) 我ながらイイ感じに撮影できたと思う。コンデジの性能のお陰ですね!

夜のオペラシティ

夜のオペラシティ

夜のオペラシティ

夜のオペラシティとしゃちのすけ
手前に写っているのは名古屋城の金鯱マスコットの『しゃちのすけ』です。

夜のオペラシティとしゃちのすけ
色々な金鯱マスコットがいるけど、しゃちのすけが一番可愛い♡

夜の撮影を楽しみ、コンビニで夕ご飯とつまみとお酒を買ってホテルに帰還。

夕ご飯&つまみ&お酒

公演が終わった直後は、呑みながらpomeraで感想をガンガン書くぞ!と思っていたのに何故か書けなくて、気がついたらiPod nanoでグラオケCDを聴きながら生音を思い出して、また泣いてた(笑)なので、ホテルでは1文字も入力できませんでした/(^o^)\ そんな時もありますw 寝る時間がいつもより遅くなったのにも関わらず、3時頃に1回目が目が覚める自分。13日の昼もあるから何とか二度寝したら...ヤバい出来事が...。夢に栗田さんが出てきちゃったYO!起きた瞬間に (*´д`*) な表情になってベッドの上をゴロゴロしたのは言うまでもありません(笑)内容は...自分が栗田さんに「11日から連続で指揮するの、しんどくないんですか?」って質問したら「大変だけど " 栗田さんの指揮は最高だ " って言われたいからね...。」とサラリと涼しい横顔で答えてくれて...。なので、13日の朝、魁人さんは異界に遊びに逝っていました(笑)
13日の昼公演が終わった後、ボードにメッセージを書く為に負傷した指を手当する為に薬局で絆創膏を買い、サブウェイの直火焼きタンドリーチキンが食べたくなったからモグモグ。

サブウェイの直火焼きタンドリーチキン
ピリ辛チキン、やっぱ美味い!

遅めの昼ご飯を済ませてからオペラシティを後にしました。再び新宿駅ダンジョンを何とか攻略して、自分にとって東京駅に行く一番楽な方法である山手線に乗って呑気に東京駅に向かっていると、品川で「人身事故の影響で時間が遅れています。東京上野方面に行くお急ぎの方は上野東京ラインに乗り換えて下さい。」のアナウンスが流れてきて直感的に「ヤバい」と察知して、上野東京ラインで東京駅に行くことにしました。電車を待っている時に新幹線の時間を改めて確認すると、16:20発。今、15:50過ぎ...新幹線の時間16:40発と思い込んでいた自分...ヤバい、残り30分しかない!!幸いにも16時に電車が来て乗り込み、電車が駅に到着後ダッシュで新幹線乗り場に行ったら約10分前に到着。無事に新幹線に乗ることができました。めっちゃ焦った>< いや~っ、今回の旅はいい勉強になりました。都会の駅はダンジョンなので時間に余裕を持って計画を立てる、人身事故がいつ起こるか分からないから東京駅に戻ってから(新幹線に乗る駅で)何かする。これから、それらを踏まえて計画を立てます。呑みながら帰るつもりだったけど、流石にお酒を買う時間が無かったから素面で帰りました。新幹線ではpomeraに感想を打ち込んでいると、あっという間に名古屋駅に到着。東急ハンズで買い物をしてから地元の駅に戻る為にまた電車に乗ってTwitterを見ると夜公演が終わった友達の感想が...!ニヨニヨしながら見ていると、憂奈さんが「打楽器にシエナのフラメンコのボディーパーカッションやってた人いなかった...?」と呟いていて、打楽器の人なら「わさびいもさん」ということで、わさびいもさんに誰なのか教えて欲しいと憂奈さんと自分が助けを求めたら、それを見ていたRinさんが「関 聡さんでは?」と教えてくれて、その後にシエナの打楽器チームについて、わさびいもさんが色々と教えてくれました。わさびいも先生の情報量、半端ない!で、その後に憂奈さんのツイート、関さんが引用RTで「すごい、まさか気づく方がいらっしゃるとは、、、!」とツイートしていたので、関さんだったと確定。一瞬にして誰か分かるって...いや~っ、凄い人達と自分、お友達になれたんだぁ~(*´▽`) きっかけをくれたBRA★BRAに感謝しかない。その後もヤバくて、小田原でやたらテンションが上がる憂奈さんのツイート。テンションが上がった理由が即分かった自分もテンションが上がるwww 我々にとって小田原は聖地なんですよ、聖地!(力説)栗田さん好きなら理由は分かりますよね?(笑)もり上がった結果、小田原でオフ会をすることになりそうです♪(笑)
無事に我が家に帰還した後は、晩酌しながら軽めの夕ご飯を済まして、お風呂でさっぱりして、爆睡。栗田さんを追いかけた3日間、とても充実した時間を過ごすことができて、とても楽しかったです(≧∇≦)♪

去年のグラオケと今年のグラオケを振り返ると、最初は栗田さん目的にグラオケに行って、グラブルのストーリー全く知らないのに、いつの間にか音楽にハマっていて、今年は栗田さんと音楽を求めて参加したら涙する自分がいた...もしかしたら、自分の心は本当は音楽が大好きだったんだけど、それに気付かず、学生時代の苦い経験から音楽から離れてしまっただけなんじゃ...と、最近思うことが増えています。自分が知らない自分に出会えたのかも?と思った、そんな3日間でもありました。

来年もグラオケを開催してくれることを心から祈っています。
ありがとう!グラオケ!今年も良い経験をさせて頂きました!

オペラシティの地下にあったお店、名前的に入らないといけない?(笑)次の機会で入れるといいな♪

覇王樹さぼてんの看板

長文感想を読んで頂き、ありがとうございました!
感想を頂けると励みになります。Twitterだと頂いた感想を読み返すのが困難になりますので、ブログのコメントに書き込んで頂けると嬉しいです(*^▽^*)